葬儀をするときに決めておきたいこと

まずはどんな葬儀にするかを決めておくことが大切です。

つまり、コンセプトをある程度決めておくということです。

故人の意向が遺されているのであれば、それに従います。
そうでない場合には、遺族が決めます。
大切な人を亡くしたばかりですぐに考えれないかもしれませんが、葬儀の日程はシビアで、どんどん時間はなくなっていきます。



まずは漠然としたイメージでも良いので、だいたいこんな感じで行いたいと考えておきましょう。

費用をかけずに簡単に済ませる方法、故人の社会的側面を重視して大規模に告知する方法、また、形式や種類などもいろいろあるので、納得のいく葬儀ができるように決めていくことが大切です。

最近では葬儀社がほとんどすべての流れを執り行ってくれるようになっていますが、他の業界と同じように得意分野と不得意分野があるので、希望する式に強い業者かどうかを確認しておくことが大切です。

価値観の違いで遺族の間で意見が合わないことがあるかもしれませんが、そういうときにも専門家が一人いればスムーズに意見を交わせるものです。



利用した経験者に紹介してもらった葬儀社を利用するという方法もありますが、家族ごとに希望する内容が違うのが普通なので、すべての人が満足できるとは限りません。

なので、最初は漠然としたイメージでも良いのでコンセプトを決めておき、それに強い業者を選ぶようにしましょう。ある程度基準があてはまっていれば、納得のいく式になりやすいです。